レーシック手術するかは自分で決めました。

レーシック手術を考えた場合、気にする人もいると思うが、気にしない人もいるだろう。何のことかというとレーシック難民と言われるものです。

そもそも、レーシックが危険だと世間で騒いでる人たちの多くは、きちんとレーシック手術に対する医師からの説明を聞いていなかったり、自分がどうなりたいかってことを考えずにレーシック手術に踏み切った人達だとも言えるのだそうです。

とはいえ、レーシック手術の失敗ということも考えずに入られません。

レーシック手術後にも老眼が進むとかハローグレアやドライアイが暫くの間、あるが、やがて治るとか、過矯正というのも視力2.0くらいでは、どうなのだろうという気もします。

だからレーシック難民、レーシックの失敗ってことについては、どうしても疑問を持つ反面、どうなのだろうという気もしています。

少なくとも、わたしの周りで、レーシック手術して良かったと言っている人しかいません。とはいえ、レーシックを受けて、重いドライアイになっているという人の話は聞いたことがあります。

ただ、その方の知り合いは1年位でドライアイは治ったそうですから、もしかしたら個人差なのかなとも思ってしまいました。

ただ、レーシック手術クリニックの衛生面などで最悪の環境とかでの手術はかなりリスクがありますよね。

一時期問題になっていたし・・・。

なので、やはりレーシック手術は最終的には自己の判断ってことになりますよね。

それが、たとえば品川近視クリニックのように誰彼なく紹介クーポンが配布できるというのものでも。。。

一部では、営利体質だっていう声もありますからね。ただ、そうは言っても品川近視クリニックでのレーシック手術が大きな問題になっているわけでもありませんから。

 

だから、最終的にどこのクリニックでレーシック手術をするのか、いや、そもそもレーシック手術をするのかしないのかっていうのも、自分で決める必要があります。

なので、いろいろとかんがえた結果、僕はレーシック手術を受けようと決めました。
やはり、裸眼でも見えるようにしたいのですよね。